資生堂、東京医科大、東邦大学が合同で毛髪再生の臨床研究開始

microscope-275984_640

東京医科大学の坪井良治主任教授を中心とする研究チームは、東邦大学医療センター 大橋病院(責任医師:新 山史朗准教授)および株式会社資生堂再生医療開発室(細胞培養加工等担当)との共同で、脱毛症や薄毛に悩む 方々を対象に、医師主導の臨床研究を行います。
http://www.tokyo-med.ac.jp/160627hihupress.pdf

薄毛研究で有名な坪井良治教授が中心となって毛髪再生医療の臨床研究を開始するとの事。

何故か資生堂はプレスリリースを出していませんが、これは資生堂が続けているレプリセルの毛髪再生とはまた別になるのかな?細胞加工培養の施設を資生堂が国内に保有しているから「資生堂と」って事なのでしょうか。

いずれにしても資生堂の毛髪再生研究は順調みたい。2018年施術開始の予定は実現するでしょうか…?

2020年にずれ込む

気になる実用化の時期だが、両グループとも、早くて20年以降を目標として掲げる。

もっとも、達成できるかは未知数だ。資生堂は当初、18年度以降の実用化を掲げていた。それが臨床研究に最低でも3年を要するため、20年に先送りされた。技術的なハードルがより高い理研の方も「実用化には10年近くかかるのではないか」(再生医療に詳しい研究者)という声もある。
http://diamond.jp/articles/-/99581?page=2

コメントで情報頂きました。有難うございます。

開始時期が2020年以降にずれ込んだそうです。価格も新車一台分(軽なのか高級外車なのかで大きな違いが出ますが)になるんじゃないかとか。

アデランスのJIGAMIは完全に頓挫したともこの記事に書かれていました。やはりガッカリしないためにも期待しない方が良いのでしょうか…。悲しいですね。

16 Comments

UD

UDと申します。以前のブログでも何度かコメントさせていただきました。

毛髪再生医療、どうせ・・・と思いつつも期待してしまいますね。

目の調子はいかがでしょうか?私もミノタブ続けているので他人事ではありません。私の場合、効果もいまひとつなのですが・・・。

効果がいまひとつなのに副作用はそれなりに出ておりまして、体毛はもとが薄かったこともありほとんど気にならないのですが、顔の産毛がすごいです。おでこはもちろん、眼のまわりや頬、耳や首筋なども産毛だらけです。特に頬は、産毛以上の太めの毛で、毛穴が目立ち顔全体が浅黒く見えます。定期的に処理はしてますが、顔が汚く見えて困ってます。加えて、抜け毛が常に多いのも悩みです。

主様はこんな悩みはありませんか?よい対策などありませんでしょうか?

返信する
AGAGA

本当に仰る通りで実現しない限りは素直に鵜呑みに出来ないのが悲しいですよね。
目の方は完全に治りました。
私は顔はヒゲや眉毛、鼻毛が凄まじいです。
ヒゲは頰のかなりの面積を覆い尽くしてしまっているから同様に汚く見えるのが困ります。
朝剃っても夕方には触れば分かるレベルで生えてきてしまいますし。
結局は永久脱毛(本当に永久におさらばできるかは不明ですが)しかないのかも。
抜け毛は私も常に多いのですが、対処法があれば私も知りたいです(^_^;)

返信する
ノーコメント

別のヤフーの記事では臨床研究期間は3年と書かれていました。そうなると実用化はそれよりもだいぶ後になるんでしょうか。
正直かなりショックです。

返信する
ノーコメント

返信ありがとうございます。
そうなんですね。
2018年に実現したらどれほど救われるか‥‥

返信する
AGAGA

本当ですよね。
日本を代表する大企業が行う事業ですから
期待は出来そうな気はしますが。

返信する
ハーゲンダッツ

こんにちは。以前AGAGAさんの記事で睡眠サプリメントについて書いたことありませんでしたっけ?探してみたけど見つかりませんでした。もし、今飲んでる睡眠サプリメントがありましたら参考までに教えてください。

返信する
AGAGA

以前飲んでいたのはGABAとかですね。
「gaba 睡眠」とかでググると分かると思います。
グッドミンとかいう睡眠薬はGABAの作用を強める事で眠気を引き起こすだそうです。

返信する
神楽坂フジ丸

いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸です。

やっと臨床試験開始までこぎ着けましたね。

あとは被験者募集がどのようにおこなわれるか興味のあるところです。

私も関連記事を投稿しましたのでご一読して頂けたらと思います。

資生堂&RepliCel社 毛髪再生医療技術 RCH-01 臨床試験受託医療機関決定!
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/203

返信する
AGAGA

こちらこそいつも有難うございます。
確かに臨床試験の被験者はいつ頃どうやって募集するんでしょうね?
私はお金がないので、是非協力したいと思います(^_^;)

返信する
ノーコメント

ダイヤモンドオンラインで新しい記事出てましたね。
2018年は臨床試験期間の問題で困難になり2020年以降に繰り上げになったようです。
こんなことなら最初から2018年とか言わないでほしいです。。

返信する
AGAGA

情報有難うございました。
記事に追記しておきました。
仰る通りですね。残念です。

返信する
神楽坂フジ丸

いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸です。

株式会社資生堂、東京医科大学、東邦大学医療センター大橋病院の三者で出したプレスリリースの日付は2016年06月27日、今回のダイヤモンド・オンラインの記事は2016年8月24日なので、わずか2ヵ月足らずで2018年の実施が2年先送りになるのは変ですね。

理研の辻先生の研究は、まだ動物実験の段階なので時間は掛かると思われますが、資生堂&RepliCel社の場合はRepliCel社が基本的な技術を開発し基礎研究ではなくヒトに対する臨床研究です。

元々2018年はタイムライン的に少し早いかなという印象はありましたが・・・

とにかく早く臨床試験の被験者募集の概要を発表してもらいたいものです。

返信する
AGAGA

情報有難うございます。
資生堂がこまめにプレスリリースを出せば一番良いんでしょうけどね。
とにかく開始したとしても当初は高額なのは間違いないし、
1日でも早く始まって欲しいですね。
あとは仰る通りで臨床試験で募集があるなら応募したいです。

返信する
神楽坂フジ丸

いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸です。

ご無沙汰しています。

資生堂&RepliCel社関連の情報は日々注視していますが、まったく出てきませんね。

海外の毛髪系サイトでは、すでに臨床試験は開始されているという事になっています。

このまま被験者の募集はないのかと気にしております。

臨床試験に参加したいと期待しているひとは多いんですけどね。

返信する
AGAGA

こんにちは。
そろそろ毛髪再生開始してくれないと持ちそうもありません(^_^;)
まだ40代前半とは言え、だいぶ年齢も上がってしまい、
髪の毛維持に対する意識も結構変わってきてしまった感があります。
50代になってから来ても、多額の出費してまで…ってなってしまうかも。
と考えてしまう昨今です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)